沖縄の風景
沖縄電磁波技術センターNICT-OKINAWA外観沖縄電磁波技術センターは地球温暖化をはじめ地球規模の気候変動に大きく寄与する大気・海洋の相互作用のメカニズムを解明するために,3種類の電波センサーを研究開発すると共に,亜熱帯海洋性気候帯を中心とした大気・海洋観測を行ってきました。また,平成26年3月には、フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システム及び宇宙光通信施設が完成しました。

研究/施設-概要及び施設マップリンク

フェーズドアレイレーダ・ライダ融合システム

フェーズドアレイレーダ・ライダ融合システム 近年、局地的大雨(ゲリラ豪雨)や竜巻による、 突発的・局所的気象災害が大きな社会問題になっています。これらの早期検知には、迅速な降水雲の3次元構造の把握が重要ですが、従来のパラボラアンテナを採用したレーダでは、対応しきれませんでした。本レーダシステムでは、1次元フェーズドアレイを採用することにより、 飛躍的に観測の時間分解能を向上させています。

空間光通信設備

空間光通信設備高速通信を可能にする宇宙光通信に使用される光学望遠鏡です。 有効開口径1mの反射型望遠鏡で、高速高精度に低軌道衛星を追尾する能力を持っています。カセグレン焦点に加え、ナスミス焦点、クーデ焦点など4つの焦点で観測ができるようになっています。


海 遠距離海洋レーダ石垣/与那国海洋観測施設

石垣/与那国海洋観測施設海洋遠隔計測装置(リモートセンサ)である遠距離海洋レーダを沖縄県の石垣島と与那国島の2か所に設置し、レーダの性能評価を行うとともに、東シナ海を流れる黒潮の試験観測を行なっていました。
当初設定されていた研究目標が達成されたため、石垣のレーダについては平成22年度に撤収し、現在与那国のレーダのみデータを取得しています。

風 400MHz/1.3GHzウインドプロファイラ大宜味大気観測施設

大宜味大気観測施設大気遠隔計測装置(リモートセンサ)の実用化を目的とする試験観測施設です。さまざまな大気計測装置による複合観測によって、装置の検証を行うとともに、新しい大気観測方法を開発しています。
400MHz WPRで観測した風の鉛直分布

雨 沖縄偏波降雨レーダ  (COBRA)名護降雨観測施設及び受信局

名護降雨観測施設及び受信局台風に伴う降雨や風の3次元構造など亜熱帯地域の気象現象を高精度で計測することが可能な沖縄偏波降雨レーダを開発することにより、次世代の降雨レーダ技術の実用化の検証を行っています。
沖縄本島周辺の現在の雨の様子

亜熱帯環境計測ネットワーク・データシステム

大宜味大気観測施設 ( NICT 大宜味 ) 、名護降雨観測施設 ( NICT 名護 ) 、石垣海洋観測施設 ( NICT 石垣 ) 、与那国海洋観測施設 ( NICT 与那国 ) 及び沖縄電磁波技術センター ( NICT 沖縄 ) で取得した大気及び海洋観測データを自動的に収集、集積、配信する計算機ネットワーク。※現在、休止中です。

地上気象観測システム

地上気象観測システムは、大宜味・名護・恩納の観測局3ヶ所と、観測局を監視・制御する監視局1ヶ所より構成されており,温・湿度,気圧,風向,風速,日射量,降雨量の地上における気象要素を連続して観測しています。

しんきろう観測画像

電離層観測


English version 沖縄電磁波技術センター 展示室 バーチャルミュージアム

展示室3D俯瞰図

地図

沖縄電磁波技術センターへの街路図

お知らせ 



2014年11月22日沖縄電磁波技術センター「一般公開」を開催しました。


更新情報
最終更新日:2014年12月

2014年沖縄電磁波技術センター「一般公開」レポートを更新しました。


2013年沖縄電磁波技術センター「一般公開」レポートを更新しました。

2013年6月資料室2012年を更新しました。

2013年4月、5月研究員紹介を更新しました。

2012年沖縄電磁波技術センター「一般公開」レポートを更新しました。

2012年6月資料室2010年、2011年を更新しました。

2012年5月研究員紹介を更新しました。

2012年3月研究員紹介(論文)を更新しました。

2011年沖縄電磁波技術センター「一般公開」レポートを更新しました。

2011年4月研究員紹介を更新しました。

2011年4月名称変更

2011年3月石垣海洋観測施設閉鎖


組織概要 - 研究員紹介 資料室


歴史

〒904-0411
沖縄県国頭郡恩納村字恩納4484
TEL 098-982-3705
FAX 098-982-3741

 ▲NICT Top